【lol】戦わずに勝つことは可能か?

スポンサーリンク

【lol】戦わずに勝つために

百戦百勝といえば聞こえはいいですが、『孫子』はこれを最善ではないと言っています。
それは偏に戦って勝てばこちらも損害を被るからという考えにあります。

例えば、味方チームがレーンを押し進めれば、相手はタワー下で堅守に務めるでしょう。
その状態からタワーやキルを狙うのは非常に困難といえます。
そのような場合リスクを負ってそこを狙うよりも、他レーンにプレッシャーをかけたり相手ジャングルを荒らしにいく方がいい時もあるのです。

次に初心者によくありがちなのはキルを稼ぐことが目的になってしまうことです。
相手に数値的な絶望感を与えるという意味では有効かもしれません。
しかしそうなった時に起こるのが、キルだけ集めてタワーは全然進めないという事態です。
キルはあくまで勝つための手段であって目的ではありません。
低レート帯で試合が泥沼化してしまうのはこの手段と目的が曖昧になった結果、試合の終わらせ方がわからなくなってしまうからにあります。

同様に、ファームが大事という基本に忠実過ぎるゆえに味方がピンチの時でもファームをしている人もいますが、これは問題外ですね。
赤や青を狩っていて、倒してから寄るジャングラーもいますがこれも好ましくありません。
中立を狩るのとキル(アシスト)を取るのはどっちが大切か、ということです。
その数秒の遅れで味方がキルされてしまうことだってあるので、味方がピンチの時はすぐに寄るようにしましょう。

『孫子』の基本原則は「戦わずして勝つ」ことです。
上位ランクにいる人ほどその原則が自然と身についているので、リスクを避けてリードを奪う為のファームの技術、ワードの使い方、中立モンスターの管理、手薄なタワーのプッシュ技術、緊急時の判断力などが優れています。

lolが「弱くても勝てる」「下手でも勝てる」と言われる所以はそこにあります。
アクションゲーム的なチャンピオン操作の上手さが無くても、戦略とチームワークでそれを補えるようにできているのです




【孫子】謀攻篇(1)原文と意味

孫子曰わく、凡そ兵を用うるの法は、国を全うするを上と為し、国を破るはこれに次ぐ。
軍を全うするを上となし、軍を破るはこれに次ぐ。
旅を全うするを上となし、旅を破るはこれに次ぐ。
卒を全うするを上となし、卒を破るはこれに次ぐ。
伍を全うするを上となし、伍を破るはこれに次ぐ。
是の故に百戦百勝は善の善なる者にあらず。
戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり。

【訳】

戦のやり方は、敵国を痛めつけないで降伏させるのが上策である。
撃破して降伏させるのは次善の策にすぎない。
また敵の軍にしても、痛めつけないで降伏させるのが上策であって、撃破して降伏させるのは次善の策だ。
大隊、中隊、小隊についても、同様である。
したがって百回戦って百回勝ったとしても、最善の策とはいえない。
戦わないで敵を降伏させるのが、最善の策なのである。




読むのが面倒な人用

・敵が必死になって守っている時は無理にダイブしない

・試合に勝つことが目標であって、それ以外(キル、CSなど)は手段でしかない。

スポンサーリンク
336x280
336x280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。