【lol】勝つべくして勝つための逆算思考

スポンサーリンク

謀攻篇(4)lol的解釈<彼を知り己を知れば百戦危うからず>

この項はこれまでの復習のような内容になっています。以下の5つの条件はどれも基本的なことですが、相手の情報がなければ検討できないものばかりということに注意しましょう。その要約として有名なのが「彼を知り己を知れば…」のくだりになるのですが、lolにおいてもそれは同じで、敵の情報は多ければ多いほどいいです。

1、攻め時と守り時の見極め。「勝算が無ければ戦わない」のが『孫子』の大前提で一旦退くことが必要なときもあるということです。

2、自分たちの戦力に合った戦い方をしているか。一点集中で行くのか、スプリットプッシュをするのかといったレーンの押し方から、少し広めの隊列で動くのか、がっちりまとまって動くのかなどの陣形に至るまでそのときのチームにあった戦い方を心掛けるようにしましょう。

3、チーム間の情報共有、意思疎通がしっかりできているか

4、敵のウィークポイントを狙っていく。こちらの準備が整ったらそれを相手の手薄なところにぶつけていけば戦わずして利益を得ることができます。

5、味方のプレイに過干渉しないこと。改善策やアドバイスではないただの批判などはもっての外です。

これら5つを守る為に、自分は逆算的に動くことを心掛けています。不用意に飛び込んできた敵がいるから追いかける、ドラゴン前で奇襲されたから応戦するなどのような動きはその場その場の行き当たりばったり戦法になります。それと違って逆算的というのは、ワードなどで敵の位置や情報などを把握したうえでこれが必要だと考える動き方になります。例えば自分がボットにいるときに、敵ジャングラーがトップにgankを仕掛けていたとすれば、ドラゴンが手薄になっていると考えられるし、ドラゴンに注意を向けさせたくなければトップを押し込んで敵をそちらに注目させるというやり方もできます。また敵が不自然なほど不用意に飛び込んできた場合は近くに敵ジャングラーが潜んでいるかもしれないから深追いをやめたりといった考えもでき、これをやりたいからこの動きが必要、ここにワードが必要といった感じで相手の情報からその意図を未然に防ぐような動きをしていけば自然とそれがリスクを回避する『孫子』的な立ち回りになっていきます。

原文と訳

故に勝を知るに五あり。以て戦うべきと以て戦うべからざるとを知る者は勝つ。衆寡の用を識る者は勝つ。上下欲を同じくする者は勝つ。虞を以て不虞を待つ者は勝つ。将能にして君御せざる者は勝つ。この五者は勝を知るの道なり。

【訳】あらかじめ勝利の目算を立てるには、次の五条件を当てはめればよい。

1、双方の戦力を検討して戦うべきか否かの判断ができること。
2、兵力に応じた戦い方ができること。
3、君主と国民が心を一つに合わせていること。
4、万全の態勢を固めて敵の不備につけこむこと。
5、将軍が有能で、君主が将軍の指揮権に干渉しないこと。

これが勝利を収める五条件である。

故に曰わく、彼を知り己を知れば、百戦して殆うからず。彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。彼れを知らず己を知らざれば、戦う毎に必らず殆うし。

【訳】したがって次の結論を導くことができる。敵を知り、己を知るならば、絶対に敗れることはない。己を知って敵を知らなければ、勝敗の確立は五分である、敵を知らず、己も知らなければ必ず敗れる。

読むのが面倒な人用

・勝算を検討するとき主観的、一面的な判断は禁物。相手の情報も検討に加えるとよい。

スポンサーリンク
336x280
336x280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336x280

コメント

  1. […] 、彼を知り己を知れば、百戦して殆うからず。彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。彼れを知らず己を知らざれば、戦う毎に必らず殆うし。 【lol】勝つべくして勝つための逆算思考 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。