【lol】自分がブロンズを抜けた方法

スポンサーリンク

ブロンズ5まで落ちた話

lolを始めた当初、自分はレベル30になった瞬間にランク戦に突撃しました。結果は3勝7敗でブロンズ2か3くらいでスタートしたと記憶しています。その後勝ったり負けたりを続けている内に気づいたらブロンズ5まで落ちていたのです。

ブロンズ帯のマナーが悪いことは言うまでもありませんが、その中でも最低ランクの5は特にひどかったです。チャンピオンピックが上手くいかなくてサポ不在、ジャングル3人とかはよくあるし、5回に1回くらいは試合が始まったときから放置している人がいました。レーンでキル取られると癇癪起こして突撃繰り返す人もいたし、意図的に負けようと動く人も大勢いました。

ブロンズを早急に抜けなければ心が死ぬ

ブロンズでは普通の試合ができない状態が続くのでモチベーションは低下するし「自分は何をやってるんだろう…」と思うことも多々ありました。lolをやめてしまう人の大半ってそれが面白くないからじゃないかと強く感じましたね。けどこのゲームの本来の面白さってブロンズを抜けた先にあるので今そこにいる人はなんとか抜けてもらいたいと思っています。

次の項から自分がブロンズを抜けた方法を説明していきます。

ブロンズを抜ける方法

・midを選ぶ
上手い人はどこを選んでも試合を壊せると思いますが、迅速に確実に試合を壊すためにはmidを選んだ方がいいと思います。セオリーはCS重視ですが、ここでは積極的にキルを狙っていった方がいいです。チャンピオンは現在OPとかじゃなくても、自分が最も上手に使える、スノーボールしやすいものを選びましょう。ちなみに自分はケネンを使っていましたが今思うとあまりいい選択ではないと思います。試合を壊すためにはアサシン系を選んだ方がいいでしょう。

・jgを選ぶ
midが取れなければjgを選んでいました。たまにfillとかいう人がいますが、カッコつけてないで自分の得意レーンを選んだ方がいいです。jgもファーム重視のチャンピオンではなく序盤からgankが可能なものを選びましょう(自分が育つまでに試合が壊れていない保証はないので)。自分が使っていたのはパンテオンで、レベル2か3になったときにmid辺りにgankしてファーストキルを狙うのがいつものパターンでした。

・ピック画面で異変を感じたらすぐに試合を降りる
話し合いができない、明らかにちょっとおかしいと感じたら迷わず試合を降りましょう。決められたロールに行く気がない人も要注意です。

ブロンズでの立ち回り

・対面を負かしたら
そのままタワーを折ってもいいし他レーンにgankに行きましょう。そのときに注意したいのはレーンを押すときはgankを貰わないように周辺の視界を確保しておくこと、gankするときは絶対に決める覚悟で臨むということです。
gankに失敗すると移動に費やした時間分ファームが遅れるのでせっかくのアドバンテージが無くなってしまいます。roamも同じでただうろつくだけでなく常に中立モンスターを狩るなりしていなければいけません。レーンを離れることで金と経験値を失うのでリターンがなければそのままマイナスになってしまうということを覚えておきましょう。

・仏になる
勝ってるときは味方を褒めまくって、負けてるときは全力で鼓舞しましょう。チーム内の空気が良くなると勝率も上がる気がします。これはどのレートでも言えることですね。

・オブジェクトを破壊する
キルを取ってるだけでは試合は終わりません、キルを取ったらその次に何をするべきか考えるようにしましょう。泥仕合になると序盤で得た優位が無くなるので最悪運勝負になってしまいます。味方に集団戦での立ち回りを期待してはいけません。自分の影響力が強い内に試合を決めましょう。

そんな簡単に対面を倒せない、試合を壊せないならそのブロンズが適正である可能性が高いです。そして注意点としてこのやり方はあくまで自分が明らかに突出していると感じている場合のみ有効な方法です。これがシルバーになれば、チームとしての動きが求められるし立ち回りを根本から見直さなければいけなくなることを覚悟しましょう。けど魔境を抜けるだけなら1~2体のチャンピオンを極めるだけで突破できるのは間違いないです。現に自分がそうでした。

スポンサーリンク
336x280
336x280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336x280

コメント

  1. あああ より:

    JPのブロンズは結構まともですよ
    判断力がおかしいのはブロンズですがLOLの形にはなっています

    • bremen より:

      そうなんですか。
      自分はNAでブロンズ時代を過ごしたので、その時の嫌な記憶の上澄みをすくう形で偏見の強い文章になってました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。