【lol】負ける人には共通するパターンがある

スポンサーリンク

地形篇(2)lol的解釈<負けパターンを減らして勝ち星を増やす>

勝ったときに反省をしない人は多いですが、負けたときに反省しないのはもっての外です。『孫子』はどのようなときに試合で負けるのかを6つの状況に分けて説明しています。

1、戦力的に互角のときに、人数差がある状態で戦う場合

lolは戦力で互角ならば数が多い方が勝ちます。gankを行うのも2対1の状況にするため、集団で動くのも、そうしていればこちらが数で不利になることはないからです。特に後半ではリコールや、roamでチームがばらけているのがバレると一気に襲われ試合が終了することがあります。

2、集団戦の立ち回りは上手いけどレーン戦が下手な場合

終盤の逆転にかけるしかない人と言えます。そこに至るまでに試合を壊されたら終わりなので最低限の負けない戦い方を覚えた方がいいです。個人技が無くても試合には勝てますがないよりはあった方がいいです、絶対。

3、レーン戦が上手くてもその後の立ち回りが下手な場合

魔境にいる人が陥りやすい状態です。自分は上手くやってるのに周りが下手だから負けてしまうと決めつける前に、序盤の有利を活かせていたのか、集団になったときに上手く立ち回れていたのかを見直しましょう。

4、チャットで煽り合ったりキレまくってる場合

そうなってるから試合に負けるのか、負けてるからそうなってしまうのか、この際それはどうでもよくて、とにかく仲良くプレイしなければ勝てる試合も落とすってことです。

5、面倒くさがりな場合

情報を集めることもせず、マスタリーやルーンも汎用(もしくは適当)な人は常にちょっと不利な状態で戦っているのと同じです。

6、面倒くさがりな場合2

ピンクワードを渋ったり、ワードを置かずにレーン押し上げたりと、ちょっとの工夫をおざなりにしてる人。それでは試合の流れも読めないので行き当たりばったりな結果になります。

試合の負けパターンを改善することで勝ち星は増えていきます。1、2、3はチームメイトの動きにも依存するので戒めとして覚えておくとして、4、5、6はすぐに直せるものになっています。ちょっとの意識で負けパターンが3つも減るのですぐに変えていきましょう。

原文と訳

故に兵には、走る者あり、弛む者あり、陥る者あり、崩るる者あり、乱るる者あり、北ぐる者あり。凡そ此の六者は天の災に非ず、将の過ちなり。夫れ勢い均しきとき、一を以て十を撃つを走と曰う。卒強くして吏弱きを弛と曰う。吏強くして卒弱きを陥と曰う。大吏怒りて服さず、敵に遭えばうらみて自ら戦い、将は其の能を知らざるを崩と曰う。将弱くして厳ならず、教道も明かならずして、吏卒常なく兵を陳ぬること縦横なるを乱と曰う。将、敵を料ること能わず、小を以て衆に合い、弱を以て強を撃ち、兵に選鋒なきを北と曰う。凡そこの六者は敗の道なり。将の至任にして察せざるべからず。

【訳】軍が逃亡してしまったり、弛んでしまったり、落ち込んでしまったり、崩壊したり、乱れてしまったり、敗走するようなとき敗戦を招く。これら6つの敗因は天災や災厄ではなく、将軍の過失である。

逃亡する:両軍の勢力が拮抗しているとき1の力で10の敵と戦うことになった場合。

弛む:兵士が強く将軍が弱い場合。

落ち込む:将軍が強くても兵士が弱い場合。

崩れる:君主と将軍の折り合いが悪く、将軍が命令に従わず、怒りに任せて敵と戦い君主も将軍の力を認めていない場合。

乱れる:将軍が厳しさに欠け、軍令も徹底せず兵士に統制がなく布陣もでたらめな場合。

敗走:将軍が敵情を把握できず、劣勢状態で優勢の敵に当たり、弱い兵士で強い兵士と戦い、しかも軍には精鋭部隊を欠いている場合。

以上の6つは敗北を招く敗因である。これはいずれも将軍の大事な責任であるから慎重な配慮をすべきである。

読むのが面倒な人用

・個の立ち回り、数の立ち回りを磨く。

・チームの和を大切にする。

・集めた情報、知識を実践していく。

スポンサーリンク
336x280
336x280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。