【lol】プレイしてるのは全員わがままな子どもである

スポンサーリンク

地形篇(4)lol的解釈<短時間の関係にムチは必要ない>

『孫子』はリーダーの部下に対する接し方を説いていますが、これは「アメとムチ」と同じ考え方になります。愛情を持って接することで、部下はリーダーを慕ってくれますが罰を与えないようでは役立たずになってしまう。一般的に認知される組織論ですが、lolに関してはこれを当てはめる必要はないと考えます(チームを組んでるなら別)。

即席のチームで「アメとムチ」なんて悠長なことを言っていたら試合は終わります。初対面の者同士が30分やそこらで信頼関係を作れるはずないので、そこに必要なのは「余所行きの良い人面」だと思います。『孫子』では思い通りに動かせない兵士をわがままな子どもと表現しましたが、lolではチームメイト、自分も含め最初からその状態であるといえます。わがまままな子どもを説教してその意図を汲んでもらえるのはいつになるのか、すぐに伝わることの方が少ないし不貞腐れでもしたら試合に負けます。そんなわがままな子どもと上手く付き合うには、褒めて優しくしていかなければいけません。例えば初対面のプレイヤーにいきなりミスを指摘されたり、動きのダメだしや指示を受けたら誰だって不快になると思います。そうなるくらいならアメだけ与えて仲良くなれれば円滑に試合は進むというものです。

今回はやや極端な解釈になりましたが、lolでは自分がわがままな子どもになっていることを自覚することが大切だと思います。そのうえで一人ひとりが「大人な対応をしていこう」と心がければ試合のモラルは改善されていくでしょう。

原文と訳

卒を視ること嬰児の如し、故にこれと深谿に赴むくべし。卒を視ること愛子の如し、故にこれと倶に死すべし。厚くして使うこと能わず、愛して令すること能わず、乱れて治むること能わざれば、譬えば驕子の若く、用うべからざるなり。

【訳】将軍にとって兵士は赤子のようなものである。そうあってこそ兵士は深い谷底まで行動を共にするのだ。将軍にとって兵士は我が子のようなものである。そうあってこそ兵士は喜んで生死を共にするのだ。しかしながら、兵士を厚遇するだけで思い通りに使えず、可愛がるだけで命令できず、軍規を破っても罰を与えることができなければ、わがままな子どもを養っているのと同じで役に立たなくなってしまう。

読むのが面倒な人用

・試合中に味方を思い通りに動かすことなんてできない。

・自分が指示を受けたりダメ出しされたら真摯にそれを受け止める(状況にもよるが)。

スポンサーリンク
336x280
336x280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。