【lol】逆転は偶然ではない

スポンサーリンク

軍形(1)lol的解釈<敵が崩れるのを待つ>

操作技術や立ち回り方をマスターしたどんなに上手いプレイヤーでも負けるときは負けます。相手チームにもっと上手いプレイヤーがいた、チームとしての立ち回りに隙がなかったなどそうした要素は、『孫子』で述べられている「敵の態勢」にあたります。これはマッチング次第なので個人がどうこうできるものではありませんが、地力で負けているような相手と戦い劣勢になったときはじっと耐えて隙を伺うのが得策です(リスクの高い奇策で一発逆転を狙う手もありますが、それは最終手段)。そして勝機が巡ってきた時に一気に攻めに転じられるような態勢を、守りの段階で作っておくのがいいでしょう。

では勝機はいつ訪れるか、どれが勝機かという判断は状況によります(もしかしたら来ないかもしれない)。バロンやドラゴンをスティールしたとき、スプリットしている敵を各個撃破できたとき、強引にタワーダイブしてきた敵を返り討ちにしたときなど様々ですがそのきっかけが訪れたときに、自軍も全滅、もしくは被害甚大だったときは攻勢に転じることができず仕切り直しという結果になってしまいます。守ることと勝つことがどうしても上手く結びつかない人は攻める為に守りをしていると考えるとしっくりくるかもしれません。意識の問題ですがそれがわかっていれば戦略の幅、可能性は大幅に増えてきます。

例えば今は殴り合いで勝てないと判断したら、敵チャンプとは一切交戦せずCSだけに務めるというのは「攻める為の守り」になります。レーン戦では一度相手にキルされるとそれを取り返すのは難しいと言われています。その状況になるとすぐに逆転しなければと焦るかもしれませんが、キルを狙うなどのリスクの高い逆転でなく、連続キルされないよう守りつつ自分を強化する、レーンを下げて味方ジャングラーを呼び込むことなどの逆転チャンスを待ちましょう。

原文と訳

孫子曰わく、昔の善く戦う者は先ず勝つべからざるを為して、以て敵の勝つべきを待つ。勝つべからざるは己れに在るも、勝つべきは敵に在り。故に善く戦う者は、能く勝つべからざるを為すも、敵をして必ず勝つべからしむること能わず。故に曰わく、勝は知るべし、而して為すべからざる、と。

【訳】昔の戦上手は、まず自軍の態勢を固めてから敵が崩れるのを待った。これで明らかなように、負けないの態勢をつくれるかどうかは自軍の態勢によるが、勝機を見出せるかは敵の態勢次第である。したがってどんなに戦上手でも、負けない態勢は作れるが必勝の条件までは作り出せない。「勝利は予見できる。しかし必ず勝てるとは限らない」とは、これを言うのである。

勝つべからざるは守るなり。勝つべきは攻むるなり。守は則ち足らざればなり。攻は則ち余り有ればなり。善く守る者は九地の下に蔵れ、善く攻むる者は九天の上に動く。故に能く自ら保ちて勝を全うするなり。

【訳】勝利する条件がないときは、守りを固めなければならない。逆に勝機を見出したらすかさず攻勢に転じなければならない。つまり守りを固めるのは自軍が劣勢な場合であり、攻勢に出るのは自軍が優勢な場合である。

読むのが面倒な人用

・攻める為に守る。

・劣勢時に強引に逆転しようとすると傷口が広がる可能性がある。

スポンサーリンク
336x280
336x280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。