【lol】最大の敵は下手な味方

スポンサーリンク

軍争篇(4)lol的解釈<チームとして動けないなら>

この項は言うまでもなく味方とのコミュニケーション、チャットやpingで作戦や指示を出し合うことの大切さを述べています。ただlolにおいては味方に上下関係がないというのが難点になります。いくら声をかけても無視する人もいれば、チャンスの瞬間に意見が割れることだってあります。その一瞬の迷いがチャンスを潰してしまうこともあってそうなるとチームの空気は一気に悪くなるでしょう。lolが「最大の敵は味方だ」と揶揄されるように、全員の意思がまとまることはほとんどないのです。ある程度レートが上がってくれば少しは解消されるものの、それが完全になくなることはないでしょう。だから指示を聞かない人、コミュニケーションが取れない人を減らす方法ではなくどのように利用するのか考えていく必要があります。

独断専行する人ならばそれを囮にして別のポイントを攻める、カウンターgankを狙う、意見が割れてしまうならば自分が折れて相手に合わせるという方法があります。よくあるシチュエーションは敵を全滅させてタワーを進めるか、バロンやドラゴンを取るかという場合です。基本的にはバロン優先ですが、状況によっては本陣を狙えるかもしれないときもあります。自分は、本陣を落とせたのにそれを逃して試合を無駄に長引かせたことがあるし、相手にそれで救われたこともあります。一番悪いのは意見が割れてバラバラに動くことで何も得られないことです。そうなるくらいならば相手の意見を尊重して集団で動けばどれか一つは得られるでしょう。

あれこれ考えてみましたが、そのようなチームは終盤になると次々にボロが出てきて負けてしまう場合が多いです。結局一番手っ取り早いのは「ゲーム序盤でキャリーしてさっさと試合を終わらせる」ことです。相手側にだって滅茶苦茶に動くプレイヤーがいるかもしれないので、そうした穴を見つけたらそこを狙って試合を壊しましょう。

原文と訳

軍政に曰わく、言えども相聞えず、故に金鼓を為る。視せども相見えず、故に旌旗を為ると。夫れ金鼓・旌旗は人の耳目を一にする所以なり。人既に専一なれば、則ち勇者も独り進むことを得ず、怯者も独り退くことを得ず。此れ衆を用うるの法なり。故に夜戦に火鼓多く昼戦に旌旗多きは、人の耳目を変うる所以なり。

【訳】古い兵法書には、「口で号令をかけるだけでは聞き取れないので太鼓を用いる。手で指図するだけでは見分けることができないので、旗を使用する」とある。太鼓や旗は兵士の耳目を統一するためのものである。これで兵士を統率すれば勇猛な者でも独断で抜け駆けすることができず、臆病な者でも勝手に逃げ出すことができない。これが大軍を動かす秘訣である。とくに夜戦ではかがり火と太鼓を増やし、昼戦では旗を多用して、部隊間の連絡を密にしなければならない。

読むのが面倒な人用

・コミュニケーションの取れないプレイヤーがいるチームは負ける。

・そうなる前に試合を終わらせる。

スポンサーリンク
336x280
336x280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。