【lol】10連敗以上している人へ

スポンサーリンク

【lol】心理的な余裕が無ければ負け続ける

『孫子』は勝つべくして勝つ為の4つのポイントに、気力、心理、戦力、変化を挙げています。

・・・相手が流れに乗ってるときは戦いを避けて士気の衰えたところを叩く気力。
・・・相手を観察して反撃のときまでじっと待つ心理。
・・・有利な場所で装備を整えて消耗した相手を叩く戦力。
・・・強大な戦力で攻めてくる相手とは正面衝突を避ける変化。

4つのポイントはこれまでの項で説明してきたものなので詳しく解説はしませんが、今回は気力について掘り下げていこうと思います。
ここで説明する「気力」はチーム全体としてではなく、個人の問題になります。

例えばランク戦などで連敗が続くと「勝つまでやる」という思考に陥ってしまう人がいますが、これは気力が充実してるわけではなく意地になってるだけです
連敗で心理的に疲れていて、イライラもしていると試合を回し続けても負けを重ねるだけなので気をつけましょう。
そして気が付けば10連敗、ランクもガクっと落としてしまうという経験をした人は少なくないと思います(自分もありました)。

上に書いた4つのポイントもどっしりと構えて待つ、静かに観察するなど、心理的な余裕がないと守れないものになっていることが分かると思います。
試合の数をこなすことは大切なので、それがノーマルならば好きにやればいいと思いますがランク戦では少しでも負けが続いたら一旦休憩を挟むことを強く勧めます




【孫子】軍争篇(5)原文と意味

故に三軍には気を奪うべく、将軍には心を奪うべし。
是の故に朝の気は鋭、昼の気は惰、暮れの気は帰。
故に善く兵を用うる者は、其の鋭気を避けて其の惰帰を撃つ。
此れ気を治むる者なり。
治を以て乱を待ち、静を以て譁を待つ。
此れ心を治むる者なり。
近きを以て遠きを待ち、佚を以て労を待ち、飽を以て飢を待つ。
此れ力を治むる者なり。
正々の旗を邀うること無く、堂々の陣を撃つこと勿し。
此れ変を治むる者なり。

【訳】

こうして敵軍の士気を削いで、敵将の心を攪乱することができる。
そもそも人の気力は朝は旺盛で、昼になるとだれて、夕方には尽きてしまう。
軍の士気もそれと同じである。
それ故、戦上手は敵の士気が旺盛な内は戦いを避けて、士気の衰えたところを撃つ。
これが「気」を掌握するということである。
また味方の態勢を整えて敵の乱れを待ち、冷静な状態で敵を迎え撃つ。
これを「心」を掌握するという。
さらに、有利な場所で遠くから来る敵を待ち、休養をとって敵の疲れを待ち、食事をとって敵の空腹を待つ。
「力」を掌握するとは、これを言うのである。
もう一つ、軍隊を整えて進撃してくる敵、強大な陣を構えている敵とは正面衝突を避ける。
「変」を掌握するとはこれをいうのである。




まとめ

・ランク戦で負けが続くようなら一旦休む。

・「勝つまでやる」は平常心を失っているということを自覚する。

スポンサーリンク
336x280
336x280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。