【lol】日本鯖とNAの決定的な違いとは

スポンサーリンク

兵勢篇(5)lol的解釈<チャットでの不毛な煽り合い>

また「勢い」の話になってきますが、日本サーバーも解禁されたということでチャットでのコミュニケーションについて述べていこうと思います。日本サーバーでは日本語でのやり取りが可能になったことで情報伝達や指示を出しやすくなった一方、煽りや批判がストレートに届いてしまってストレスが溜まりやすくもなりました。これはlolに限らずあらゆるオンラインゲームに通じてきますが、味方を煽るメリットって一つもないのです。煽られて怒ってしまえばそれが動きに出てくるだろうし、落ち込めば萎縮してしまって普段の立ち回りはできなくなります。最悪の場合、試合を放棄して落ちるかもしれないし、煽った側は後からレポートされるかもしれません。怒ったり批判することで状況が改善されることはほとんどなく、チーム内の空気が悪いと試合も負けてしまうのです。

しかし、こういったマナーの悪いプレイヤーがいなくなることはまずないでしょう。ではチームに勢いを持たせ、一丸となるためにはどうすればいいのでしょうか。答えは簡単で「自分だけでもチームの良心」になるよう心掛ければいいのです。味方のミスは叩かず、いい動きはガンガン褒めましょう。簡単にty、gjだけでもいいので称賛、お礼が言えるプレイヤーになって下さい。lolはゲームですが、そこにいる10人は全員実在する生身の人間です。その時点でそれは一つの社会と呼べるので悪く言われれば傷つくし褒められれば嬉しいものです。なんともぬるま湯な道徳授業のような回になってしまいましたが、今後日本サーバーで戦っていく人は、言葉の影響力とそれをプラスに働かせることの重要性を理解しておいた方がいいです。

原文と訳

故に、善く戦う者は、之を勢に求めて、人に責めず。故に能く人を択びて勢に任ず。勢に任ずる者は、其の人を戦わしむるや、木石を転ずるが如し。木石の性、安ければ則ち静まり、危なれば則ち動き、方なれば則ち止まり、円なれば則ち行く。故に善く人を戦わしむるの勢い、円石を千仭の山に転ずるが如きは、勢なり。

【訳】したがって戦上手は、まず勢いに乗ることを重視し、一人ひとりの働きに過度の期待をかけない。それゆえ全軍の力を一つにまとめて勢いに乗ることができるのである。勢いに乗れば、兵氏は坂道を転がる丸太や石のように、思いがけない力を発揮する。丸太や石は、平坦な場所では静止しているが、坂道におけば自然と動き出す。また四角いものは静止しているが丸いものは転がる。勢いの乗って戦うとは、丸い石を谷底に転がすようなものだ。これが戦いの勢いというものである。

読むのが面倒な人用

・強い人はやさしい

・褒めはすれど煽りはしない

スポンサーリンク
336x280
336x280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。