【lol】バロンを狩るかヒビターを壊すか

スポンサーリンク

計篇(2)lol的解釈<臨機応変な立ち回り>

『孫子』では自分の戦術を用いてくれないような王に仕える必要はないと述べています。ランダム編成で組まれたチームにはこのような君主と軍師といった上下関係があるわけではないので、一概に「自分の指示を聞かないからこのチームはダメだ」というわけでもありません(自分の指示が間違っていることだってあるのだから)。しかしピック画面の段階で話し合いができない人、コールを無視するような人がいる場合は注意した方がいいかもしれません。そして試合中は自分の指示、提案が無視されようともコミュニケーションを諦めないようにしましょう。

ここでは原文に書かれている「勢」臨機応変な対処と訳しましたが、それはlolに「これが絶対に正解」という戦略がないからです。例えば試合中盤、相手チームが全滅しているときバロンを狩るか、ヒビターを壊しに行くか、それとも二手に分かれて両方狙うか、どれが正解なのかはその場にいる人にしか分かりません。ミニオンの進み具合、味方の損害、相手復活までの時間など様々な要素を頭に入れて考える必要があります。試合では状況によって最善の一手が変わるのです。これに関しては場数を踏んで応用力を養う他ありません。基本だけ頭に入っていてもそれが当てはまらないケースなんていくらでもあるので。参考になるのはプロの試合や上手い人の動画ですがこれらを見たらすぐに実践して自分のプレイに活かせるようにしましょう。

原文と訳

もし吾が計を聴かば、之を用いて必ず勝たん。之に留まらん。もし吾が計を聴かずんば、之を用うるも必ず敗れん。之を去らん。

【訳】王がもし私の戦術を用い軍師として登用するなら、必ず勝利を収めることができる。それならこの国に留まろう。逆に私の戦術を受け入れなければ、仮に軍師として戦に出ても必ず敗れる。それなら私は国に留まる意思はない。

計、利として以て聴かるれば、乃ち之が勢を為して、以て其の外を佐く。勢とは、利に因りて権を制するなり。

【訳】私の戦術の利点を理解してもらえるなら、軍に勢を与え補強することができる。「勢」とはその時々の状況にしたがって、臨機応変に対処することをいう。

読むのが面倒な人用

・チャンピオンピック画面で喧嘩になる、ロールが決められないようなら降りるのもあり。

・マップと敵味方の状況を見て今何が必要か考えるようにする。

スポンサーリンク
336x280
336x280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。