【lol】最短でブロンズを脱出するためには

スポンサーリンク

計篇(3)lol的解釈<試合は騙し合いである>

「兵は詭道なり」と書くと手の込んだ難しい策略に聞こえますがその構造は極めてシンプルで、「相手の行動を読んで裏をかく」「相手の弱いところを攻めるそれだけです。では自分たちの動きを悟らせずに相手側の情報を得るためには必要なものは何か。それはワードです。ブロンズやシルバーなどの下位ランカーと上級者の大きな違いの一つとしてワードの使い方があります。単純ですが上に行くほど1試合で使われるワードの数は多く、相手を騙すためには相手がどのように動いているかを知る必要があるのです。

前項と被りますが騙し合いには臨機応変、柔軟な対応が求められます。例えば、味方チームに強力なイニシエーターがいるなら相手には固まっていてもらいたいし、逆に相手が集団になることで真価を発揮する構成だったら分断させる必要があります。バロンやドラゴンを狩るフリをして待ち伏せをしてもそれがワードでバレていたら本陣を狙われるかもしれません。例に挙げたのは極々一部ですが、ほとんどの戦略はこのような騙し合いで出来ています。だからどう動けばいいかわからなくなってしまった時はまず、「相手の位置情報を把握する」「手薄なところを攻める」ということを意識すればいいと思います。結果的それが相手の裏をかくことになります。

原文と訳

兵とは詭道なり。故に、能なるも之に不能を示し、用なるも之に不用を示し、近くとも之に遠きを示し、遠くとも之に近きを示し、利にして之を誘い、乱にして之を取り、実にして之に備え、強にして之を避け、怒にして之を撓し、卑にして之を驕らせ、佚にしてこれを労し、親にして之を離す。其の無備を攻め、其の不意に出づ。此れ兵家の勝にして、先には伝う可からざるなり。

【訳】戦争とは騙し合いである。例えば、できるのにできないふりをし、必要なのに不必要と見せかける。遠ざかると見せかけて近づき、近づくと見せかけて遠ざかる。有利と思わせて誘い出し、混乱させて突き崩す。充実している敵には防備を固め、強力な敵に対しては戦いを避ける。わざと挑発して消耗させ、低姿勢に出て油断を誘う。休養十分な敵は疲れさせ、団結している敵は分断させる。敵の手薄につけこみ、敵の意表をつく。これが兵法家の勝利の原則であって、戦況によって臨機応変な運用が求められるのである。

読むのが面倒な人用

・ワードを置きまくって相手の情報を筒抜けにすれば、自ずとどう動けばいいか見えてくる。ピンクワードは公共料金、自分の為にもチームの為にもなる。

・ブロンズ脱出の鍵はワードの使い方。

スポンサーリンク
336x280
336x280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。