【lol】終盤で逆転する考え方!レーンで負けてる時はどうすればいい?

スポンサーリンク

【lol】負けてる時の立ち回りについて

レーンで負けてる時にはどうすればいいのか?

殴り合って勝てないのはもちろん、ファームすらもさせてもらえず何もできなくなった経験は誰にでもあると思います。
よくあるパターンとしては、

ロームして他レーンでキルを狙う(レーンはプッシュしておく)放置したレーンが押し込まれて相手がさらに育つ

ジャングラーに助けてもらうジャングラーごと返り討ちになる可能性があるので、危険が多い

集団に合流して戦う相手もグループアップしてたら負ける

などがありますね。
いずれも成功すれば逆転のチャンスはありますが、デメリットとして挙げられるのは赤字部分。

個人的な意見を言わせてもらうと、負けてるレーンはそのままそのレーンを守っていて欲しいと思ってます(もちろんチャンスがあるなら↑の方法もありですが)。
以前試合中にそんな話になって、「それじゃあ差はずっと縮まらない」と怒られました。
しかし、その試合では負けてるレーン以外は勝っていました。
他レーンが勝ってるときに負けてるレーンができることは逆転することではなくて、被害を最小限に食い止めることです。

では対面に瞬殺されてしまい、守ることすらできない場合はどうすればいいのか。
その時は味方にレーンの交代を依頼しましょう
ただ、その場合は交代するレーンが勝ってるのが前提です。
最近では負けてる人が言わなくても、勝ってる人が交代してくれることもあるので、味方に頼れる時はとことん甘えましょう。

自分のミスを自分で取り返したい気持ちは分かりますが、自分は負けてもチームが勝てばいいと考えるようにすることが大切です。




【lol】終盤で逆転する考え方

勝てる見込みがないなら戦ってはいけない。
当たり前すぎることですが、試合中にこれができなくなる人は大勢います。
例えば、序盤のレーン戦、中盤以降に起こりやすい局地戦、集団戦など、キルを取るか取られるかの状況に入る前に勝利の見通しを立てた方がよいということです

レーンでキルを狙うときは、

・レベル差はどれくらいか?
・装備差はあるのか?
・チャンピオン同士の相性は?
・味方の援護は期待できるのか?
・敵ジャングラーが潜めそうな場所にワードは置いてあるか?

などを比較検討してから殴り合いを始めます。
上手い人、慣れてる人は瞬時に、無意識にこれを行っていますが試合が劣勢だったり煽られてイライラしているとこれができなくなります

よく見かけるのは取られたキルを取り返そうと躍起になってさらにやられる人。
ワードを置かずに戦いだして何度もガンクをもらう人。
こういう人に限って「相手ジャングラーがいなければ勝ってた」「あのスキルが当たってれば」などと言い訳します。

『孫子』に言わせればそれは運ではなく負けるべくして負けているということになります。
レーンで押されていても無理に挽回しようとするのでなく、CSに専念したり、タワー下で安全に立ち回ったりなど一度退いて頭を冷やすことも大切なのです。
たまに相手がどの程度の腕かも分からない内からいきなり殴り合いを始めてキルを取るか取られるかの人がいますが、行き当たりばったりなやり方は上のランクで通用しなくなります。

個人の戦いはもちろんですが集団戦においても勝利の見通しを立てることは重要です。
どこで戦うのか、誰から狙うのかなどの目的が共有できているチームほど勝つ可能性は上がります

最悪の展開は一度の失敗で戦意喪失してしまうことです。
この「チームじゃダメだ」とか「味方がへぼ過ぎる」で片づけるのは簡単ですが、具体的に何がダメだったのか考えて逆転を狙っていきましょう
それができない人は次のゲームでも同じような失敗を繰り返します。
自分のレーンは勝っていたのに集団戦になると負けてしまうという場合は、周りがダメだったのではなく自分に問題があったのではないか、チームとして動くためのコミュニケーションは取れていたかなどを見直した方がいいです。

チーム編成は運なので、悩むのはやめてそのメンバーで勝つにはどうすればいいかを考えることが大切です。
その末にどうしても勝てないと判断したならサレンダーなり落ちるなりすればいいんじゃないでしょうか。

次記事はこちら↓↓

すぐに諦めてしまう人へ




【孫子】計篇(4)原文と意味

未だ戦わずして廟算勝つ者は、算を得ること多ければなり。
未だ戦わずして廟算勝たざる者は、算を得ること少なければなり。
算多きは勝ち、算少なきは勝たず。
況んや算無きに於いてをや。
吾れ、此れを以て之を観るに、勝負見わる。

【訳】

開戦前の作戦会議で、勝利の見通しがたつのは、勝利するための条件が整っているからだ。
逆に見通しが立たないのは、条件が整っていないからである。
条件が整っていれば勝ち、整っていなければ負ける。
勝利する条件がまったくないならまるで問題にならない。
この観点に立つなら勝敗は戦わずして明らかとなる。




まとめ

・レーンで負けている時は味方に任せて、被害を食い止めることに専念する

・情報が足りない、勝算の目途が立たない時は相手と殴り合ってはいけない

・味方を非難するより配られたカードでどうやって勝つかを考える。

・lolはキルを取るゲームじゃないから頭冷やせ。

スポンサーリンク
336x280
336x280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。