【lol】主導権を握り相手を意のままに動かす戦略

スポンサーリンク

虚実篇(5)lol的解釈<相手を動かす戦い方>

ここでは、試合中に勝つ為の構想、ビジョンがしっかりできているかという点について述べていきます。弱った敵を追いかける、味方がピンチだったら助けに行く、などの行為はセオリーではありますが、これはその場の状況に動かされてる受動的なプレイだといえます。逃げる敵を深追いしすぎて返り討ちになったり、乱戦の中にとりあえず飛び込んで全滅などしたら目も当てられません。だから「こうすれば敵はこう動く」、「あそこを取りたいからこうやる」というような目的と手段がはっきりした動きが非常に大切なのです。

前に挙げた二つの例は「弱った敵を倒したい」「味方がピンチだから助けたい」というように目的が手段になっているので戦略としては単純です。そして単純だからこそ相手にも読みやすく対策されやすいのです。相手側は「弱った姿を見せれば絶対にあのポイントまで追いかけてくる」「強引に仕掛ければ隠れている敵もおびき出せる」と踏んでいるかもしれません。だから目の前の状況をそのまま鵜呑みにするのではなく、そう動くことで全体にどんな影響が出るかを考えましょう。自分が深追いして敵の援軍に囲まれることで、味方主力はタワーやバロンを狙えるなら深追いも正解になります。ピンチの味方が間に合わないと判断できればわざわざ自分も死ぬ必要はありません。

起こっている状況に対応する受動的なプレイとそれをコントロールする能動的なプレイの参考動画です。どんなに上手いプレイヤーでも目の前にチャンスが来るとそれに飛びついてしまいます。しかし相手からすれば、それは勝ちへの算段が整ったうえでの演出なので後は相手がそれに乗ってくるのを待つだけなのです。

原文と訳

故に戦いの地を知り戦いの日を知れば、則ち千里にして会戦すべし。戦いの地をしらず戦いの日を知らざれば、則ち左、右を救う能わず、右、左を救う能わず、前、後を救う能わず、後、前を救う能わず。而るを況や遠きは数十里、近きは数里なるをや。吾を以てこれを度るに、越人の兵は多しと雖も、亦た奚ぞ勝に益せんや。故に曰く、敵は為すべきなり。敵は衆しと雖も、闘い無からしむべし。

【訳】したがって、戦うべき場所、戦うべき日時を予測できるならば、たとえ千里先に遠征しても戦いの主導権を握ることができる。逆に、戦うべき場所、戦うべき日時を予測できなかれば、左の軍は右の軍を、右の軍は左の軍を救援することができず、前衛と後衛でさえも協力しあうことができない。まして数理も数十里も離れて戦う友軍を救援できないのは当然である。私が考えるに、敵国越の軍がいかに多かろうとそれだけでは勝敗を決する要員にはなりえない。なぜなら勝敗の条件は人が作り出すものであり、敵の軍がいかに多くても戦えないようにしてしまうことができるからだ。

読むのが面倒な人用

・具体的なビジョンが見えているならピンチやチャンスを演出して相手を意のままに動かすことができる。

スポンサーリンク
336x280
336x280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。