【lol】レーン戦はコツを掴めば楽に勝てる

スポンサーリンク

九地篇(4)lol的解釈<レーン基本戦術>

頭を狙えば尻尾が攻撃してきて、尻尾を狙えば頭が攻撃してくる。そして胴体を狙えば両方が襲いかかってくるという中国の蛇を、『孫子』は軍隊になぞらえています。

これはlolにおけるレーン戦の立ち回りで考えることができます。レーン戦を上に挙げた蛇に当てはめるなら、

頭:CSを取りに来たならハラスしてそれを邪魔する

尻尾:ハラスにきたならダメージ交換をする

胴体:まったく出てこないならCSを取りつつ一方的にハラスする

という立ち回りになります。この立ち回りをするために一番重要なのは相手チャンプの特性を把握しておくことです。相手はどんなスキルを持っていて射程はどれくらいか、CDは、殴り合いに強いかなど。相手を知らなければ必ず負けるということは以前の項でも説明した通りです。

それを考慮して相手の射程に入らないようにする、相手がこちらの射程に入った瞬間だけを狙う、弱ったミニオンに近づく瞬間を狙う、スキルのCD中に攻撃を仕掛けるなどすれば一方的なハラスが可能になります。そしてこちらが攻撃されたときは必ずこちらも反撃するようにして下さい。そうしないと一方的にダメージを受けて後手に回らされてしまいます。序盤であればミニオンの攻撃が案外強力なのでそれを意識してダメージ交換すれば勝てる可能性は上がります。

もう一度言いますが大切なのは相手チャンプを知ることです。これができてないと謎のCCやシールド、追加ダメージなどにダメージ計算を狂わされて必ず負けます。

原文と訳

故に善く兵を用うる者は、譬えば率然の如し。率然とは常山の蛇なり。其の首を撃てば則ち尾至り、其の尾を撃てば則ち首至り、其の中を撃てば則ち首尾倶に至る。敢えて問う、兵は率然の如くならしむべきか。曰わく可なり。夫れ呉人と越人との相悪むも、其の舟を同じくして済り風に遭うに当たりては、其の相い救うや左右の手の如し。是の故に馬を方べ輪を埋むるも、未だ恃むに足らず。勇を斉えて一の若くするは政の道なり。剛柔皆得るは地の理なり。故に善く兵を用うる者は、手を携りて一人を使うがごとし。已むを得ざらしむればなり。

【訳】戦上手の戦い方は、「率然」のようである。「率然」とは常山に生息する蛇のことだ。常山の蛇は頭を打てば尾が襲いかかってくる。尾を打てば頭が襲いかかってくる。胴を打てば両方が襲いかかってくる。では軍を率然のように動かすことはできるのだろうか。それは可能である。呉と越は敵国同士であるが、たまたま両国の人間が同じ船に乗り合わせ暴風にあったら、左右の手のように強力し合って助け合うはずだ。それには馬をつなぎ、車を埋めて陣を固めるだけでは十分ではない。全軍を一丸とするには政治指導が必要である。勇者にも弱者にも持てる力を発揮させるためには地の利を得なければいけない。戦上手は一人の人間を動かすかのように全軍を自由自在に動かすことができる。それは他でもない、そうならざるを得ないように仕向けるからである。

読むのが面倒な人用

・相手チャンプの特性を理解する。

・CSを取りに来た瞬間を狙う。

・ハラスされたら反撃する。

・相手のスキルがCD中に攻撃する。

スポンサーリンク
336x280
336x280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。