【lol】最強の集団戦テクニックは判断力

スポンサーリンク

【lol】その場所は危険か、安全か

今回は「原文と意味」の項も合わせて読んで頂ければと思います。

前の記事で、「なぜ~してはいけないのか」を知る為には実際にそれを経験する必要があると説明しました。
この項で『孫子』が述べていることも同じで、たくさんの戦術を知っていても臨機応変に使いこなせなければそれを活かすことができないのです。

それはレーンでのダメージ計算や集団戦での突入タイミングなどにもまったく同じことが言えます。
強力なイニシエートを持ったタンクでも、瞬間火力の備わったメイジでもそれを活かすタイミングは、何度も試合をこなして学ぶしかありません

今回説明している戦場での注意点も実際に経験しないと判断が難しいものといえます。

圮地
敵のタワー内部、ワードが置かれたジャングル内など。
そこに滞在していたら相手が寄ってくるような危険な場所になります。

衢地
お互いにとって中立の場所。
マップ中央を流れる川の辺りは重要な意味を持っています。

絶地
敵本陣前、タワー向こうなど。
敵陣深くに長く留まってはいけません。

囲地
敵に囲まれたとき。
フラッシュなりブリンクなりで巧みに脱出を図ってください。

死地
もう助からないと分かった場合。
反撃して少しでも敵を消耗させましょう。

便宜的にシチュエーションの例を挙げましたが、敵が来ないと分かっていれば敵のタワー内部といえども危険はありません。
まだ助かる道があったのに反撃を選んだら相手にキルを与えてしまいます。
中立場所はワーディングすれば自分たちのテリトリーになります。
このように、状況によって5つの場所はいくらでも姿を変えるので、経験で判断力を養うしかないのです。




【孫子】九変篇(1)原文と意味

孫子曰く、凡そ兵を用うるの法は、将、命を君に受け、軍を合し衆を聚め、圮地には舎ること無く、衢地には交を合わせ、絶地には留まること無く、囲地なれば則ち謀り、死地なれば則ち戦う。
塗に由らざる所有り。
軍に撃たざる所有り。
城に攻めざる所有り。
地に争わざる所有り。
君命に受けざる所有り。

【訳】

将軍は君主の命令を受けて軍を編成して戦場に向かうが、戦場では次のことに注意しなければいけない。

圮地・・・行軍の困難なところに軍を駐屯させてはいけない。
衢地・・・諸外国の勢力が浸透し合ってるところでは外交交渉に力を入れる。
絶地・・・敵陣深く進攻したところに長く留まってはならない。
囲地・・・敵に囲まれたときは巧みな計略を用いて脱出を図る。
死地・・・絶体絶命に陥ったときは優戦あるのみ。

以上の原則は別の角度から見れば次のようにまとめることができる。

1、道には通ってはいけない道がある。
2、敵には攻撃してはいけない敵がいる。
3、城には攻めてはいけない城がある。
4、土地には奪ってはいけない土地がある。
5、命令には従ってはいけない命令もある。

故に、将、九変の利に通ずれば、兵を用うるを知る。将、九変の利に通ぜざる者は、地形を知ると雖も、地の利を得ること能わず。兵を治めて九変の術を知らざれば、五利を知ると雖も、人の用を得ること能わず。

【訳】

したがって、臨機応変に精通している将軍だけが軍を率いる資格がある。
これに精通していなければ地形を把握していても地の利を活かすことはできない。
軍を率いても臨機応変を知らなければ、仮に先ほどの原則を知っていても兵を動かすことはできない。




まとめ

・状況によって危険な場所は安全な場所にもなる(もちろんその反対も)。

スポンサーリンク
336x280
336x280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。