【lol】地味な行動が試合の流れを作っている

スポンサーリンク

九変篇(2)lol的解釈<利益と損失で行動を見る>

上手いプレイヤーは一つの行動を二つの側面から見ます。それは利益と損失で、基本的にほとんどの行動は二つのバランスから成り立っています。どこかに力を注げば他が疎かになって、どこかを上げればどこかが下がります。

上達の近道としてプロや高レートの試合動画を見ることが挙げられますが、彼らの行動には様々な意図があります。だからなんとなく試合を見るよりは、どこかに焦点を絞ってなぜこうしたのかを考えながら見る方が勉強になります。プロレベルになるとどうしてもハンドスキルにばかり目が行きますが、例えばワードの置き方に注目してみたり、中盤以降の非戦闘時の動き方に注目してみたりといった具合に、自分の中でテーマを決めておくと試合の見方も変わってきます。だから解説付きの動画を見るときは神プレイばかり取り上げるものより、全体の動きを解説してくれる動画の方が有益といえるでしょう。

『孫子』は敵の侵攻がないことを期待するのではなく敵に侵攻を断念させるような準備をするべきだと説いていますが、lolでは希望的観測で動く人が大勢います。「たぶんワードは置かれていないだろう」、「たぶんgankは来ないだろう」とちょっとの確認で生死が分かれる判断を「たぶん」で済ませてしまうのです。ワードを置かれたくなければそこにピンクワードを置けばいいし、ピンクワードを壊しに来たならそこを奇襲できます。gankをもらいたくないなら相手ジャングラーが遠くにいるのをマップで確認してから、対面に攻撃を仕掛ければいいのです。そうすれば相手ジャングラーは行きたくても行けない状態になります。

原文と訳

是の故に、智者の慮は必らず利害に雑う。利に雑えて而ち務め信ぶべきなり。害に雑えて而して患い解くべきなり。是の故に、諸侯を屈する者は害を以てし、諸侯を役する者は業を以てし、諸侯を趨らす者は利を以てす。

【訳】智者は必ず利益と損失の両面から物事を考える。利益を考えるときは損失も考慮する。そうすれば物事は順調に進展する。逆に損失を被ったときにはそれによって生じる利益を考慮に入れる。そうすれば無用な心配をしないですむ。それ故、敵国を屈服させるには損失を強要し、国力を消耗させるには利益を意識させて損失から目を背けさせ、奔走させるには目先の利益を見せて損害を意識させないからだ。

故に兵を用うるの法、其の来たらざらるを恃むこと無く、吾の以て待つ有ることを恃むなり。其の攻めざるを恃むこと無く、吾が攻むべからざる所あるを恃むなり。

【訳】したがって戦争においては敵の侵攻がこないことを期待するのではなく、敵に侵攻を断念させるような自国の備えを頼みとするのである。敵の攻撃がないことに期待をかけるのではなく、敵の攻撃の隙を与えないような、自国の守りを頼みとするのである。

読むのが面倒な人用

・試合動画を見るときは、どこに注目するのかを決めておくといい。

・希望的観測で動くのは極力控える。

スポンサーリンク
336x280
336x280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。