【LoL】League of Legendsはどんなゲーム?競技人口や大会賞金などについて紹介!

スポンサーリンク

LoLってどんなゲーム?世界人口はどれくらい?

League of Legends(以下lol)は、Riot Gamesが2009年からサービスを開始した無料のPC用オンラインゲームです。

ジャンルはRTSに分類されますが、それだけだとなんとなくイメージしづらいと思います。
ざっくり説明するとlolとは、見下し型視点でキャラクターを操作しながら5対5に分かれて、敵陣地を破壊することが目的のゲームです。

lolの総プレイヤー人口はなんと9000万人以上。
参考までに世界の人気スポーツの人口と比べてみるとこの通り↓

1位 バスケットボール 4億5000万人
2位 サッカー 2億5000万人
3位 クリケット 1億数千万人
4位 テニス 1億人
5位 League of Legends 9000万人

これはやばいですよねw
野球とかゴルフよりも競技人口が多いってことですよ!




LoLの大会の賞金総額がやばすぎる!

lol

lolは高い戦略性、個人の技術、チームの連携など様々な要素が必要で、競技スポーツのような面白さがあります。
世界大会での賞金総額はなんと5億円以上にもなるというから驚きですね。

各国にはプロゲーミングチームが存在していて、そこに所属する選手はプロのアスリートのような扱いを受けているそうです。
日本でもゲームは人気がありますが、その位置づけはあくまで娯楽。
スポーツとして括ることに疑問を持つ人の方が多いのではないでしょうか。
その価値観がひっくり返るにはまだまだ時間がかかりそうですね。




日本鯖は過疎ってる!?人口は?

以前までは日本でlolを遊ぶ為には、海外のサーバーを使う必要がありました(アイテムやスキルの説明が英語表記で面倒でしたw)。

しかし2016年3月、待望の日本サーバーがオープンしました。
それによって海外サーバーを使うことで悩まされていた動作の重さ、言語問題などは解消されましたが、肝心の知名度は未だに低いようです。

実際日本でのプレイヤー人口は、2018年3月で11万人程度らしいです。
少しずつ増えてはいるようだけど、何百万DLされているスマホゲーを考えるとまだまだマイナーゲームであることは否めませんね。

スポンサーリンク
336x280
336x280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。