『孫子の兵法』とは?名言満載の古代中国最強の兵法書について!

スポンサーリンク

孫子の兵法とは?

sonbu

『孫子』は今から2500年ほど前の中国で、孫武という人物によって作られた世界的に有名な兵法書です。
これを愛読していた指導者や将軍は古今東西に大勢いて、有名どころは曹操や武田信玄、ナポレオン(ガセ説あり?)などが挙げられます。

そんな『孫子』を編纂したとされる孫武とは一体どんな人物なのでしょうか。
孫武は春秋時代末期の斉で生まれ、呉王闔閭(こうりょ)に仕えたとされますが、ぶっちゃけた話、詳しいことはほとんどわかっていません。

春秋時代は戦争に明け暮れていた時代だったので、人々は生き残るためにどうすればいいか、勝ち残るために何が必要かといった対応策を講じる必要があったそうです。
そんな中で登場してきたのが戦争のプロフェッショナルである軍事思想家ですが、孫武もその一人だったとされます。




孫子の兵法の意味とは?各篇の解説

『孫子』は全部で13章(約6000字ほど)で書かれてあって、古典の中でも比較的短い部類に入ります。
内容に関しては戦争の原理と原則が中心となりますが、その応用性と柔軟性は極めて高いので現代でも十分に通用するといえます。

例えば、孫子の大前提に「戦わずして勝つ」という考え方があります。
そもそも戦争って国力の消耗が非常に激しいうえに勝てるかも分からないので、コスパは最悪なんですよね。

だから戦争になる前に政治、経済などの段階から相手を圧倒して、戦争が起こせないような状態にできるのがベター。
そのうえでどうしても戦争になるのなら、入念に準備と対策を立てておいて勝てると確信してから始める、最小限の労力で一気に押し切る、というのが孫子的な考え方になります。

孫子の各章の概要はだいたいこんな感じです↓

計篇:戦争を始める前に考えるべきことについて。

作戦篇:戦争の準備や計画について。

謀攻篇:戦わずに勝利を収める方法について。

形篇:攻撃と守備それぞれの態勢について。

勢篇:上述の態勢から生じる勢いについて。

虚実篇:いかに主導権を握るかについて。

軍争篇:相手の機先を如何に制するかについて。

九変篇:戦局の変化に対応するための9つの方法。

行軍篇:軍を進める上での注意事項について。

地形篇:地形によって戦術を変更することについて。

九地篇:9種類の地勢について説明し、それに応じた戦術を説く。

火攻篇:火攻め戦術について。

用間篇:敵情偵察の重要性について。




LoLと孫子の兵法

『孫子』では戦争に勝つための戦略、戦術を追及していますが、その前提として先ほども挙げた「戦わずして勝つ」と「勝算なきは戦わず」の二点があります。

lolというゲームに「戦わない」という選択肢はないかもしれません。
しかし見方を変えれば、「敵本陣を壊さずに試合を終わらせる」ことを目的にするのに近いかもしれません。
敵本陣を壊そうとすれば相手は必死になってそれを阻止します。
そうなるとこちらも被害を被り、最悪の場合逆転されるかもしれないというリスクが出てきます。
試合中はどうしても危険な賭けに出ることが必要な場合もありますが、理想的な展開はリスクを負わなければならない状況になる前に決着をつけることです。

試合序盤において技術的に拮抗している相手と対面したときも、ダメージ交換をしてキルを狙うより資金力やタワー差をつけることが『孫子』的な勝ち方と言えるのではないでしょうか。

lolは味方も敵も生身の人間なので、ゲームのルールを理解しただけでは勝つことはできません。
だからこそ『孫子』のような、人間心理に対する深い洞察に裏打ちされた戦略が必要なのです。

スポンサーリンク
336x280
336x280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。