【lol】wikiを毎日見る人は上手くなる

スポンサーリンク

用間篇(2)lol的解釈<試合前から勝負は始まっている>

lolでは情報を集めることがとにかく重要です。情報は攻略のためにも、上達への道しるべにもなります。『孫子』は情報を集める手段を5つに分けて紹介していますが、lolにも情報を得る方法はいくつもあります。

試合前

・攻略サイトやまとめブログを見る

・プロの動画を見る

・詳しい人に直接聞く

試合中

・相手の動きを観察する

・tabキーでビルドやレベルなどを確認する

・ワードを置く

これら6つはわざわざ特記するまでもないような情報収集手段です。試合前は現在の流行や戦術の有利不利などを知る為に、試合中は目の前の相手の癖や立ち回りなどを理解するために行います。情報ばかり集めて試合をこなさないのもいけないし、その逆もよくありません。環境を知って、相手を知って自分と味方のことを知ることで初めて勝ちが偶然でなくなるのです。

何もかも初めてでよくわからないという人は、このサイトを見るよりwikiを熟読した方が100倍いいです。wikiには基本的な情報から小技、テクニック、ビルドガイドまで幅広くカバーされています。wiki情報が頭に入っていればある程度のレベルまでは誰がやっても上がると思うので迷ったらまずはそこに行くといいでしょう。

原文と訳

故に間を用うるに五あり。郷間あり、内間あり、反間あり、死間あり、生間あり。五間倶に起こりて其の道を知ること莫し、是れを神紀と謂う。人君の宝なり。郷間とは其の郷人に因りてこれを用うるなり。内間とは其の官人に因りてこれを用うるなり。反間とは其の敵の間に因りてこれを用うるなり。死間とは誑事を外に為し、吾が間をしてこれを知らしめて敵に伝うるの間なり。生間とは反り報ずるなり。

【訳】敵の情報を探り出す間者には5種類ある。すなわち郷間、内間、反間、死間、生間である。これらの間者を敵に気づかれないように使うのは神業であり、それは君主の宝と呼べる。

郷間:敵国の人民を使って情報を集める。

内間:敵国の役人を買収して情報を集める。

反間:敵の間者を利用して情報を集める。

死間:死を覚悟して敵国に入り、情報を流す。

生間:敵国から生還して情報を持ち帰る。

読むのが面倒な人用

・情報集めには力を入れる。

スポンサーリンク
336x280
336x280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。