【lol】Lvが先行してるときの動き方

スポンサーリンク

【lol】lv差=戦力差

前の記事では「攻撃を行うにはタイミングがあると」と説明しました。
それは「火攻め」のように特定の条件が整っているときにだけ成功する立ち回りのことです。条件が整わないのに攻撃を仕掛けるのは運任せですが、条件が整っているのに踏み出せないのもいけません。
それは条件が整うのはわずかな時間でそれを逃すと次の攻め時はまた変わってくるからです。

レーン戦におけるひとつの判断基準はlvです。
パワースパイクもあるけど単純にlvが先行している方が有利になることは分かると思います。
だから上手い人は同じlvで殴り合いを仕掛けて戦闘中にlvが上がるのを計算に入れていたりなどします。

動画は体力差があるけどlv6になった瞬間攻撃を仕掛けて相手を倒しているお手本のような攻めです。
他には相手が厄介なスキルを使った直後、場にいるミニオンの数に差があるときなどは積極的に攻撃を仕掛けてもいい場面といえます。
相手と差があるときはファームに専念するのもいいけど、相手のファームを邪魔することも意識した方がいいです。
そして可能ならキルも狙っていくようにすれば相手を後手に回らせることができます。




【孫子】火攻篇(2)原文と意味

凡そ火攻めは、必ず五火の変に因りてこれに応ず。
火、内に発すれば則ち早くこれに外に応ず。
火発して其の兵静かなるは、待ちて攻むること勿かれ。
其の火力を極めて、従うべくしてこれに従い、従うべからずして止む。
火、外に発すべくんば、内に待つことなく、時を以てこれを発せよ。
火、上風に発すれば、下風を攻むること無かれ。
昼風は久しく、夜風は止む。
凡そ軍は必らず五火の変あるを知り、数を以てこれを守る。

【訳】

火攻めに際しては状況に応じて臨機応変の処置をとらなければならない。
敵陣に火の手が上がったときは外側から素早く攻撃を仕掛ける。
火の手が上がっても敵陣が静かなときは、攻撃を見合わせてその場に待機し、火勢を見極めて判断する。
敵陣の外側から火を放つことが可能なときは敵の反応を待つまでもなく好機と見たら火を放つ。
風上に火の手が上がったときは風下から攻撃してはいけない。
昼間の風は持続するが、夜の風は止む。
戦争を行うには火攻めの方法を把握したうえで以上の条件に応じてそれを活用することが大切である。




読むのが面倒な人用

・lvが先行しているときはファームと同時にハラスも狙う。

スポンサーリンク
336x280
336x280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。