【LoL】リーグオブレジェンドはどんなゲーム?競技人口や大会賞金などについて紹介!

LoLってどんなゲーム?世界人口はどれくらい?

リーグオブレジェンド(lol)は、Riot Gamesが2009年からサービスを開始した無料PC用オンラインゲーム

ジャンルはRTSに分類され、見下し型視点でキャラクターを操作しながら5対5に分かれて敵陣地を破壊することが目的のゲームです。

lolのプレイヤー人口はなんと1億人以上。

世界の人気スポーツの人口と比べると、その凄さが分かりますね↓

1位 バスケットボール 4億5000万人
2位 サッカー 2億5000万人
3位 クリケット 1億数千万人
4位 テニス 1億人
5位 League of Legends 1億




LoLの大会の賞金総額5億円以上!

lol

lolは高い戦略性、個人の技術、チームの連携など様々な要素が求められる、競技スポーツのような特徴を持っています。

世界大会での賞金総額はなんと5億円以上にもなるというから驚きです。

各国にはlolのプロゲーミングチームが存在していて、所属する選手はプロのアスリートとして日々鍛錬に励んでいます。

日本でもe-sportsの普及が進められていますが、その認識はまだまだ娯楽というのが歯がゆいところ。

価値観が変わるにはもう少し時間がかかりそうです。




lolの日本鯖の人口は?なぜ過疎るのか?

かつては日本でlolを遊ぶには海外サーバーを使う必要がありました(アイテムやスキルの説明が英語表記で非常に面倒w)。

しかし2016年3月、待望の日本サーバーがオープンしました。

それによって海外サーバーを使うことで悩まされていた動作の重さ、言語問題などが解消されました。

そんな日本サーバーでのプレイヤー人口は2020年の時点で15万人程度。

少しずつ増えてはいますが、国内ではまだまだマイナーゲームの域を出ていないのが現状です。

なぜ日本でlolが流行らないのか?

考えられる理由は3つあります。

・覚えることが多いので参入ハードルが高い
・圧倒的なスター選手、チームの不在
・プロモーションに力を入れていない

今後日本が世界で戦えるレベルになるのか?

それにはまず、プレイヤー人口を増やすことから始めなければいけないと思います。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする